一般社団法人ファミリーアニマル支援協会


動物法務士認定講座
ペットの存在は飼い主にとって大きな存在です。
それはペットにとっても同じです。
守ってくれる飼い主を失い、捨てられたり処分されたりするペットがいます。

そんな中ペット信託®に注目が集まっています。

ペット信託®を使って飼い主とペットの安心な生活をサポートする専門家を全国に作る事。
そして万が一の場合に飼い主に代わってペットを守る引受先の確保をする事。
専門家と引受先が増えることで
人と動物が安心して暮らせる社会を作る事ができると考えています。

FASAでは、専門家育成を目的として年に1回資格養成講座を開催しています。

2017年度の講座は終了いたしました。次回講座は未定です。

動物法務士とは

「万が一、この子を残して私が亡くなってしまったら・・」
「新たに迎え入れたいけど、自分の年齢を考えて躊躇してしまう・・」
「相続対策をしたいけど、ペットについてできることはなんだろう」

可愛いペットの事を考え不安を抱いている飼い主さんのお話を伺い、解決に導く専門家、
それが動物法務士です。

飼い主さんのペットに対する想いを伺い、
万が一に備えたペットの行き先を決め、飼育費を残す「ペット信託契約書」の作成をはじめ、家族への相続分配の希望を考慮し「公正証書遺言書」を作成することが必要です。
また時には、民事信託を利用し信託契約書を作成することもあるでしょう。
飼い主さんの想いを引き出し、希望を形にする。それが動物法務士の使命です。

houmu

動物法務士募集要項 第3期

申込締切 2017年4月30日(日)まで
受講資格 以下すべてに当てはまること
①本募集要項及び注意事項の記載内容全てに承諾をいただいた方
②ペット信託を業務として考えている、興味のある専門家(行政書士・司法書士等)
※有料の契約書作成業務は、特定の国家資格者に限られております。
受講料 162,000円(税込)
※1 上記金額にはスクーリング後の試験料を含みます。
※2 別途課題図書を設定しますがその書籍代は別途必要となります。(課題図書は申込者に個別にご連絡致します。)
※3 お振込いただいた際の控えが領収書となります。
合格規程 ・2日間のスクーリングに出席すること。
・スクーリングの際の課題を提出すること。
・スクーリング後の修了試験にて合格点に達すること。
注意事項 ・受講生ご本人の都合によるキャンセルの場合、一旦納入された費用は返却致しません。
・受講希望者が規程人数に達しない場合は、開講を中止することがあります。
その際は事前にご連絡するとともに他の地域での開催をご案内します。
受講を辞める場合は納入された費用をご返金いたします。
・講師、他の受講生および当協会に対して迷惑をかける行為のあった場合には、
受講資格をはく奪されることがあります。その際は費用の返還は致しません。
・スクーリング講座のテープ録音、ビデオ撮影は固くお断りします。
・試験、課題の保管期間は、受講期の修了試験日から1年以内とさせていただきます。
・受講の権利は、第三者への譲渡はできません。

お申込み

会員種別※必須  一般 個人賛助会員 専門賛助会員 法人賛助会員
お名前※必須
ふりがな※必須
性別  男性 女性
職業※必須  行政書士 司法書士 税理士 弁護士 獣医師 その他(その他の場合以下に職業を入力してください)
その他の職業の場合
郵便番号
※半角で入力してください
ご住所
電話番号
メールアドレス※必須
会場
ご質問など※必須
 確認画面は表示されません。記入内容をご確認のうえ、チェックを入れてください。

今後の流れ

2017年1月下旬 資格講座概要発表、お申込みスタート。
お申込み確認後、3営業日以内にご案内をお送り致します。
案内に従って、受講料を指定口座にお振込下さい。
2017年3月 課題図書の発表。各自購入の上スクーリング当日までにお読みください。
2017年4月30日(日) お申込み最終締切。
2017年5月上旬~ テキストを郵送します。
(スクーリングで使用しますので、当日会場にお持ちください。)
2017年6月24日(土)・25日(日) 2日間のスクーリングを実施。
スクーリングの最後に試験を行います。
2017年7月 合格発表及び動物法務士登録のご案内
2017年8月下旬 動物法務士登録締切。

開催場所

【日時】 2017/6/24(土)~2017/6/25(日)の2日間 
【時間】 両日共に9:00~18:00の間で8時間程度ずつ
【場所】 〒104-0032 
東京都中央区八丁堀1-9-8 八重洲通ハタビル 6階 601号室
      ■ JR東京駅(八重洲口)より徒歩約10分
      ■ 日比谷線 八丁堀駅より徒歩2分

カリキュラム

動物関連法

動物愛護管理法についてポイントを絞って学びます。
ペットを飼っていても知らない人が多いですが、動物に関する基本法律です。
知っている方は詳しい中身を、知らない方は概要をしっかり学べます。

動物愛護福祉論

動物愛護や福祉については人それぞれに考え方が異なる難しい部分でもあります。
国によってその捉え方も異なり、それが法律にも影響を与えています。
国内と海外の動物に対する姿勢やありかたについてディスカッションし、思考を深めます。

動物飼育論

例えば狂犬病注射や鑑札の事、犬を飼う場合は登録しなければいけない事を知っていますか?
猫は広さではなく高さが必要な動物であることを知っていますか?
飼育方法やワクチン、狂犬病注射の事、基本的しつけな知識を学びます。

衛生管理論

基本的な病気、人獣共通感染症とその予防等について学びます。
狂犬病・疥癬・皮膚糸状菌・パスツレラ症・猫ひっかき病・サルモネラ症・レプトスピラ症・オウム病・エキノコックスなど

民事信託各論

ペット信託®は民事信託の一つです。
民事信託についての基本から応用について学びます。
相続等にも活用できる種類を知ると共に、間違いやすい信託税務についても解説します。

ペット信託概論

ペット信託®の基本的な仕組みを学びます。
これまでの事例をもとに、信託の組み方のバリエーションを理解します。

ペット信託演習

実際に信託スキームを作ることで実践力を養います。

講師

◆動物関連法 行政書士 伊藤浩先生(東京都行政書士会所属・伊藤浩行政書士事務所 所長)
◆動物飼育論・衛生管理論 獣医師 船津敏弘先生(動物環境科学研究所 代表)
◆動物福祉論 平井潤子先生 (特定非営利活動法人ANICE(アナイス)代表)
◆ペット信託概論 行政書士 服部薫
◆民事信託各論 行政書士 細谷洋貴