一般社団法人ファミリーアニマル支援協会


ペット信託のご相談 ペット信託®は、飼い主さんのもしもの場合に備えられる仕組みです。
あらかじめ財産の管理を信頼できる人や団体に託し、
自分がペットを適切に飼うことができなくなってしまった時は、
その財産から新しい飼い主に飼育費を支払い、ペットが幸せな生涯を送ることができるように契約を結び書面に残しておきます。
※ペット信託®は商標登録されています。

ペット信託とは
皆さん、生命保険には入ってらっしゃいますか?多くの方が、「はい」と答えるのではないでしょうか。

何故生命保険に入っているのか。それは、「残された家族のため」でしょう。
しかし、この「家族」には「人間」しか設定できないのが今の法律です。

ご存知の通り、犬や猫は法律上は「物」であり、「ペットの犬や猫のために生命保険に入っている」という方はいらっしゃらないのではないでしょうか。

しかし、万が一大切なペットを残して飼い主さんが亡くなってしまったら、不慮の事故で帰らぬ人となってしまったら、病気になり長期入院、自宅に帰れなくなってしまったら、ペットはどうなってしまうのでしょうか。

そんな時に利用できるのがペット信託®です。
ペット信託®とは、飼い主さんとペットを守る。まさに「ペットのための保険」のようなものなのです。

あらかじめ用意しておいたペットのためのお金を、お願いしている新しい飼い主、預かりさんに定期的にお渡しし、そのお金でペットのお世話をしてもらいます。

ペット信託契約をしておくことで、自分がペットを最後まで面倒を見ることができなくなってしまった場合でも、そのペットのその後の生活、命を守る事ができます。
なにより、万が一の事があった場合でもペットの事は大丈夫と思える準備をしておくことで、今のペットとの暮らしがより充実したものになるのではないでしょうか。

ペット信託®の仕組み

ペット信託の仕組み 病気、けが、死亡など飼い主にもしもの事があった時に、残されたペットがその後も不自由なく
幸せな生涯を送るための資金と場所を準備しておく仕組みです。

ペット信託®のメリット

case1
飼い主が病気や怪我で介護が必要になったり、老人ホームに入所することになったとしても
予めペット信託®をしておけば、ペットの生活は当該資金でまかなえるため安心です
case2
飼い主が急に亡くなっても
予めペット信託®をしておけば、新しい飼い主を決めてあるので、ペットが露頭に迷うことはありません
case3
飼い主の死後、相続人が財産分けでもめても
あらかじめペット信託®をしておけば、飼育費は確実に守られ、信託監督人がペットの様子と飼育費を監督するので、ペットの生活は保障されます。
case4
年齢がネックで新たにペットを飼えない方も
あらかじめペット信託®をしておけば、万が一の場合の新しい飼い主を決めておくので安心して飼うことができます。

ペット信託について相談をしたい方はお問い合わせください。
動物の知識、ペット信託の知識をもった、一般社団法人ファミリーアニマル支援協会認定の動物法務士がお話を伺います。

  • お問い合わせ
  • 近くの専門家を探す